居抜き物件利用

立ち並ぶビル

 飲食店や美容院など幅井堀業種で独立開業をしたいと考えている方がいるものです。  もちろんそれまでに十分なスキルを身に付けることや必要となる資格を取得しておくことが何よりも必要なことです。  しかしいざ独立開業したいと思っても、資金繰りがうまくいかずに開業までのハードルをとても高く感じる場合もとても多いものです。  どうしても店舗を借りて事業をする場合、そのテナント物件の改装費用が必要になります。  あまり消極的なことは考えたくはありませんが、せっかく大幅な改装工事をしたにもかかわらず事業が軌道に乗らないという事態も想定しなければなりません。  できるだけ少ない投資で身軽に経営に乗り出すことで、経営に資金を残すことができます。  そのためにも居抜き物件を利用したいものです。

 居抜き物件とは、同業者が撤退した後のそのままの状態になっている物件のことです。  大幅な回収をしなくても開店までこぎつけることもできるので、これから事業を始めようと思う際にぜひ探したい物件といえます。  もちろん居抜き物件はその数自体が限られています。  そのためにどうしても同業者間で居抜き物件の争奪も起こりがちです。  またどのような事情で撤退をしたかや周辺環境の調査もしなければ内りません。  あまり手を加えなくてもいいのは確かですが、その一方で同業者が何らかの事情で撤退したわけですから、その事情や収益を上げられるだけの商圏があるかという調査は必用なことです。  また残された設備が思いのほか古かったり、期待していたものと異なると、むしろ取り換えに余計に費用が掛かることもあるので、綿密にチェックをするべきでしょう。